ひつじとハンモック

=30代OLひとりぐらしの日常=

あけましておめでとうございます(お久しぶりです)

今週のお題「2018年の抱負」

とても久しぶりの更新になってしまいました。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

年末の仕事が忙しかったのと体調不良、そしてスマホ買い替えによるはてなブログのアプリがリセットされてしまい、すっかり書く気を失ってしまいました。
心機一転ゆるりと書いていきたいです。

 

2017年は本当にいろんなことがあって、長い一年だったなと思いました。
無職になってデザイン学校で3か月学び、初めての接客バイトや憧れの本屋インターンをして、短期ゼミで知らない人と交流して、転職が決まったものの超スパルタな社風で大変だったり(でもいい人ばかりで環境は過去最高にいいです)。

 

食事に気を遣うようになって、オーガニック食材を調べるようになったり
添加物のできるだけ少ないものを選ぶ生活をするようになったり、
いままで栄養摂取のためだけにしていた食事が、楽しくなったりしています。

 

反対に交友関係は縮小傾向。
まったくのひとりではないし、たまに遊んだりするのですが、会う頻度が減りました。
さみしいけれど、それぞれにやりたいことがあったり、出産などで生活が変わったりするので、仕方ないかなと。

 

あとは、会ったときに話すことがなくなってしまって。
オーガニック食材とかの話は、割と嫌がられてしまうので特定の人としかしないし、
仕事の話も困っていることは特にないし、自慢っぽくなってしまうからしないでいると
話すことあんまりないなー困ったなーと思っています。

 

なので今年は、一から土台作りをしようと思っています。
ライター業をやりたいとか、メディアを立ち上げたいとか、
構想はあるものの、全部ふんわりしているので、まずは何をしたいのかを整理して、動き出したいです。

すでにオンラインサロンのようなものに参加したり、サイトづくりの準備をしたり、コツコツしているところです。

 

あとは掃除をこまめにしたい。
好きなバンドのコピーバンドを始動させたい。
友達とライブをするために練習したい。
仕事で有利になりそうな資格をゲットしたい。
もっといろいろな芸術に触れたい。

 

ので、今年は走る年にもしたいです。

 

今年は、家計簿公開はやめようかなぁと思っています。
その代わりに、買ってよかったものとか、使ってよかったものとか
書いていけたらなーと思っています。

 

マイペースなブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

ゴミ箱の掃除は怠るなかれ(写真はありませんのでご安心ください)

コバエ事件をキッカケに、あちこち掃除をしてるのですが、
朝はなんともないのに、帰宅後キッチンがヤケに臭う。

調べたら排水溝が汚れてるかもしれないということで、
普段は重曹クエン酸だけなのですが、今回はパイプユニッシュを使うことに。

 

でもまてよ。
と、パイプユニッシュを注ぎながら考える。

 

排水溝の蓋を閉めた状態で、一晩換気扇を回していたのに、
キッチンの臭いが取れなかったんです。

 

これは…まさか…。
見て見ぬ振りをしていたゴミ箱を見つめ、やるしかあるまいと覚悟を決めました。

 

ゴミ箱の蓋を開けて何も見ずに水を注ぎ、
洗剤をまわしかけてゴミ箱を左右に振り(コバエならこれで退治できるはず)、
上から大量のティッシュを被せ、
その上から臭い消しの重曹をかけて買い物に出かけました。

 

帰宅後、手にビニール袋をはめ、
水を吸ったティッシュをかきあつめながらゴミ箱を拭き、
そのティッシュは手にはめてたビニール袋の中に。

これで中身を確認せずゴミとして捨てられます。

 

ええもうこれは見てはいけない…
でもなんか黒いのが見える…
気にしない。もう溺死してるはずだし、気にしない。

 

コバエが溺死してるであろう箇所を綺麗にしたあと、ゴミ箱全体を拭き掃除。

そしたらありましたよ…コバエの卵みたいなのが…
しかも孵化後のようでカサカサしてるやつが…。

 

コバエめ、ここを巣にしていやがったのか!
と悪態をつきながら、そもそもは掃除をしてなかった自分が悪いのであります。
これで根絶やしできていればいいのだけれど…。

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

コバエ退治、めんつゆ&洗剤が効いた(写真はありませんのでご安心ください)

先月末から気力が本当になくて、掃除を怠っていたら大量発生しまして。
部屋に。コバエが。
退治しても退治してもコバエが飛んているという、非常に不衛生な状況になってしまったので、退治方法を検索したところ、めんつゆと洗剤が効くらしいと。

 

うろ覚えで設置したので、めんつゆと洗剤を適当にブレンドしてしまったのですが、
本来はめんつゆと水が一対一とか、めんつゆは数滴でいいとか、書いてありましたが、
うろ覚えだったので(笑)めんつゆを2センチと、洗剤を少々いれて放置しました。

 

結果、めっちゃ死んでました。
めんつゆを水で薄めなくてよかった・・・おかげで死骸がぱっと見わからない。
と思ったほど死んでました。
直視できなかったので数えてませんが、昨日は20匹くらい退治できたのではないかと。

 

それでもまだ飛んでるコバエがいたので、今朝も仕掛けて会社にいき、帰宅。
うっ、まだこんなにいたのか・・・。
といっても10匹くらいでしたが。
それでも多い。こんなにいっぱいどこに隠れてたんだ・・・。

 

心なしか、空気が澄んでいるというか、何かの気配を感じないというか。
澱んだものがなくなったような気がします。全部退治できたのかな。

 

今度はちゃんと掃除とかして、部屋をきれいに保ちたいと思います・・・。

ちょっと懲りた。。。

 

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

靴棚を収納スペースに。掃除道具などを入れてスッキリ!

我が家は収納スペースがあまりないので、天井まである靴棚の一部を収納スペースにしています。
まずは下段。まだちょっと散らかってるので一部モザイク。

 

f:id:sheep-hammock:20170815232310j:plain

無印のケースにはガムテープや工具、軍手など、使用頻度低めなものが入っています。
その上に乗っているのは生ゴミ用ネットと、換気扇に貼るシートです。
生ゴミ用ネットは毎日使うので、取りやすい場所にと思うと、ここがベストかなと。
見えませんが奥にはトイレットペーパーのストックもあります。

 

右奥はタライ(桶?)です。足湯したり、下着などの手洗い用に100均で購入。
手前にあるのは洗剤です。

 

f:id:sheep-hammock:20170815233259j:plain

続いて上段。
引き出しには掃除道具が入っています。
引き出しを買うまでは、右側にある紙袋に入れていました。
なので、何が入っているのかわからなくて、まだストックがあるのに買ってしまったりということがあったので、引き出しにしまうことにしました。

 

紙袋には、引き出しに入りきらなかった&使用頻度少なめのものを入れています。
ゴミ袋は、使用頻度高いので、引き出しには入れていません。

 

f:id:sheep-hammock:20170815233946j:plain

引き出しの中身はこんな感じです。
フローリングシート、クイックルワイパー、トイレ掃除用のウエットシート、ハンディーワイパーの詰め替えが2セット(ストックあるのに買ってしまった)などなど。
思ったより入らなかった…。

 

引き出しの上に乗っているのはティッシュのストックです。
上の方まで手が届かないので、取っ手付きの入れ物を100均で購入。
最近、ボックスティッシュと同サイズのポケットティッシュをもらうので、ボックスティッシュ代が浮いています(笑)

 

f:id:sheep-hammock:20170815234559j:plain

こんな感じ。
まだごちゃっとしてるので、時間を見つけて整理したいなぁ。

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

7月の読書記録(燃え殻さん、小川洋子さん、若木未生さん)

もう8月半ばなのに先月の話ですみません。

通勤時間に読書できるようになったので、読書再開です。
というわけで、7月の読書記録を。

 

 

 ■若木未生永劫回帰ステルス 九十九号室にワトスンはいるのか?」

 

若木さんて、コミュ障とかメンタルがちょっと変な人の描き方が最高にうまいと思う。
論理的なミステリー小説でした。
ちょっと頭を使いますが、図解されててわかりやすかったです。

こちら側(生者)とあちら側(死者)と、その境界線にいる人。
そして同じことが繰り返されていくシーンなど
過去作「オーラバスターインテグラル」みたいなところもあります。

鏡くんはオーラバスターシリーズの諒っぽいし、来見お兄さんは忍さんぽい。
来見兄弟の依存関係は希良沙と十九郎のようでもある。
たぶん彼女の根底にある世界観なんだろうな。


シリーズもので続いていく気配。楽しみです。
「急急如律令!」の子がかわいい。

 

 ■小川洋子「ことり」

ことり (朝日文庫)

ことり (朝日文庫)

 

読んでいくうちにのめり込み、ラスト数行で冒頭のシーンを思い出し、
そうだ、この人は…と悲しい気持ちになりました。
ただ、小川洋子さんの小説はいつも、切なさとあたたかさが不思議な形で同居していて
読了後の余韻がしばらく続く。

 

静かなシーンが多いので、クライマックスの「動」のシーンが美しかったです。

 

■燃え殻「ボクたちはみんな大人になれなかった」

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

 

 話題になっていたので購入。
いろんな人とのサヨナラの仕方が切なかった。
「あなた」のシーンが一番好きです。

 

ただ、ちょっとターゲット層と合わなかったみたいです。
作者と同年代(1970年代)の男性向けかも。

なおWebでも読めます。一話は無料。

ボクたちはみんな大人になれなかった|燃え殻|cakes(ケイクス)

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村